仕事効率化

エクセルより使いやすい!パスワード管理ソフトを作成しました

新しいサービスを利用する度に次々と増えていくパスワード。

どうやって管理したら良いのか悩んでいませんか?

パスワード必須サイト

  • 楽天やアマゾンなどのネット通販
  • Googleやヤフーなどのポータルサイト
  • 銀行、郵便局などのネットバンキング
  • ツイッターやフェイスブックなどのSNS
  • クレジットカードの明細確認

「パスワードの使いまわしは辞めましょう」と言われても、複雑なパスワードを何個も覚えておくのは大変です …。

パスワードの管理方法としては

  1. ノートや手帳などの紙に書いて管理
  2. メモ帳などのテキストで管理
  3. エクセルで管理
  4. パスワード管理ソフトで管理

などがありますが、ある程度パソコンを使い慣れている人や、中小企業などでは、エクセルでパスワード管理しているケースが多いと思います。

しかしながら、管理するパスワードの数が増えるにつれて

・エクセルからパスワードをコピーする際にミスして消してしまう
・間違ったパスワードで上書きしてエクセルを保存してしまう

といったミスが起こる確率も増えてきます。

そこで私の会社でもパスワード管理ソフトの導入を検討したのですが

  • 有名なパスワード管理ソフトは1年単位で更新料が必要
  • 無料で使えるソフトはセキュリティが不安
  • インターフェイスが英語表記で使いづらい
  • クラウドにパスワードを保存したくない

などの懸念があり、コレだ!と思うソフトに巡り合えませんでした。

無ければ自分で作ろう!

という事で、アクセスでパスワード管理ソフトを作ってみました!

パスワードの登録や検索も直感的にできるシンプルな設計を意識し、セキュリティにも十分に考慮。

様々な検証を重ねた結果、誰でも使いやすいパスワード管理ソフトが完成しました。

「Safe パスワード Ver1.0」

そこで今回は、この「Safe パスワード」の特徴や、使い方などをご紹介してみたいと思います。

  • エクセルでのパスワード管理に限界を感じている
  • もっと手軽にパスワードを管理したい

という方にオススメのツールですよ。

大事なお知らせ

「Safeパスワード」は、マイクロソフトアクセス2016(32bit)にて作成しております。

ダウンロードソフトであるため、製品版購入後の動作不具合等によるご返金には対応致しかねます。
必ず事前に体験版で動作確認を行ったのちに、Safeパスワード(製品版)をご購入下さるようお願い申し上げます。

無料の体験版をダウンロード!

製品版をダウンロード!

Safeパスワードの動作条件とセキュリティについて

当ツールは、マイクロソフトアクセス2016(32bit)にて作成しています。

アクセスをお持ちでない人でも、マイクロソフトが無料で配布しているランタイム(32bit)を導入すれば動作可能となっています。

検証済みOS

  • Windows10(64bit)
  • Windows7(32bit)
※マックOS、タブレット、スマートフォン、クロームブックは動作対象外です

パスワードを管理するソフトなので、セキュリティにも十分に配慮。

以下の対応を実施しています。

データベースパスワードの設定

アクセスのデータベースを暗号化、パスワードにて保護してあります。

この設定により、Shiftキーを押しながらツールを起動して各種設定を無効にすることが不可能となり、セキュリティが劇的に向上します。

またツール起動時には、事前に設定したパスワードの入力が必須となるので、万が一パソコンを紛失しても、他人が当ツールを起動することができません。

VBAにパスワードを設定

当ツールはVBAにて様々な制御を行っておりますが、VBAの起動にパスワードを設定しています。

解除パスワードを入力しない限り、VBAの改修は不可能です。

「Safeパスワード」はクラウドではなくパソコン内で起動するソフトなので、外部からの不正アクセスによるデータ漏洩も回避できます。

Safeパスワードの使い方

Safeパスワードを起動すると、データベースパスワードの入力画面が表示されます。

覚える必要があるのは、このパスワードだけです!

事前に登録したパスワードを入力して「OK」を押すと、メインメニューが表示されます。

「Safe パスワード メインメニュー」

なお、アクセスランタイムを使ってツールを起動させると、

「セキュリティに影響を及ぼす可能性のある問題点が検知されました」

というメッセージが表示されます。

これはアクセスランタイムでは、セキュリティセンターという機能が利用できないために発生している事象になります。

ランタイムを使っていると必ず発生するので、気にせず「開く」を押して頂いて問題ありません。

レジストリを変更すれば、ランタイムでも通知を止めることは可能です。

メインメニューの構成

メインメニューは全部で7つのボタンで構成されています。

サイト登録

このボタンを押すと、管理したいサイトのアドレス、ユーザーID、パスワードなどを登録する画面に遷移します。

機能名称 入力必須 説明
カテゴリー 必須 登録するサイトのカテゴリーを選択
サイト名 必須 登録するサイトの名称を設定
サイトアドレス 任意 登録するサイトのアドレス(HTTPS://)を設定
ログインID 任意 登録するサイトのログインIDを設定
パスワード 任意 登録するサイトのパスワードを設定
メモ 任意 自由にメモを残せます
カテゴリー追加ボタン カテゴリーの登録ができます
パスワード生成ボタン 12桁の不規則な文字列を自動生成します
登録ボタン 登録を実行します
終了ボタン 当画面を終了します

また「ログインID」、「パスワード」を未登録の状態でも登録できるので、ツールをブックマークのように利用することもできます。

私はカテゴリーに「YouTube」と設定。

米津玄師のミュージックビデオをコレクションしています !

ログインID、パスワードは未入力でも登録可能

登録サイト一覧

登録したサイトの一覧が表示されます。

機能名称 説明
カテゴリーで抽出 登録済みのカテゴリーでフィルターがかけられます
サイト名で抽出 入力された文字で、サイト名の検索を行います。 あいまい検索に対応しているので、指定された文字が含まれるサイト名の全てを抽出します
フィルタ解除ボタン フィルターを解除し全件を表示します
コピーボタン(ID) ログインIDをクリップボードにコピーします
コピーボタン(PASS) パスワードをクリップボードにコピーします
サイトを開くボタン 登録されたURLサイトをブラウザで開きます
登録内容訂正ボタン 登録情報の訂正画面に遷移します
終了ボタン 当画面を終了します
登録サイト一覧に表示されている情報は上書き不可となっています。 そのため間違って消してしまったり、誤った情報で更新してしまう事はありません。

さらに詳しく

サイトを開いた時のユーザーID、パスワードの自動入力には対応しておりません。 コピーボタンでクリップボードにコピー、ブラウザに張り付けて下さい。

カテゴリー新規登録

カテゴリーの登録画面がポップアップします。

カテゴリーの登録は「サイト登録」の画面、もしくはこちらの画面から登録して下さい。

カテゴリーを新規登録

カテゴリー一覧

登録済みカテゴリーの一覧を表示する画面になります。

カテゴリー一覧

「更新ボタン」を押すと、「カテゴリー名の訂正」や「カテゴリーの削除」を行うことができます。

カテゴリー訂正、削除

カテゴリーを削除すると、そのカテゴリーに属する全てのデータが削除されます!

登録データバックアップ

当ツールは「パスワード登録TBL」と「カテゴリーTBL」という2つのテーブルにデータを保存しています。

そのすべてをCSV形式でバックアップします。

バックアップされたCSVファイルにはパスワードがかかっていないので、取り扱いには十分注意して下さい。

バックアップ取込

バックアップ取込を押すと、先ほどバックアップした2つのCSVデータを、再びツールに取り込むことができます。

バックアップ取込

バックアップしたCSVの情報を修正して取り込めるので、大量のデータを訂正する時には便利な機能ですが、レコードの追加や削除を行うとデータの整合性が損なわれてしまい、ツールが機能しなくなります。

またCSV取込時には、ツール上に存在しているデータを全て削除してから取込を行うので、取り込みに失敗とすべてのデータが消えてしまいます。

ツールの入れ替え時や、緊急用の手段として用意した機能なので、通常時の使用はお控え下さい。

Safeパスワードの入手方法と料金について

「Safeパスワード」は、次の2つのバージョンを用意しています。

ラインナップ

  • 「Safeパスワード 体験版」(無料)
  • 「Safeパスワード 製品版」(定価1,980円)

まずは無料の体験版をダウンロードして、機能や動作の確認を行ってみて下さい。

無料の体験版をダウンロード!

なお、体験版では次の制限があります。

体験版の機能制限

データ登録件数は5件まで

登録データのバックアップと取込は不可

データベースパスワードは「test」で統一

ココに注意

「Safeパスワード」は、ダウンロードソフトであるため、製品版購入後の動作不具合等によるご返金には対応致しかねます。
必ず事前に体験版で動作確認を行ったのちに、Safeパスワード(製品版)をご購入下さるようお願い申し上げます。

限定キャンペーン実施中!

製品版の料金は1,980円(税込)ですが、ただいま期間限定で50%オフキャンペーンを実施中!

いまなら半額の990円で購入可能!

「Safeパスワード」は買い切りタイプなので、更新料が一切不要。

コスパ抜群ですよ。

製品版をダウンロード!

製品版購入後の流れ

製品版は、お一人ずつ専用のデータベースパスワードを設定してから暗号化する必要があります。

そのため、ご注文後は以下の手順にて納品させて頂きます。

step
1
メールにてご希望のデータベースパスワードをお聞きします

step
2
お聞きしたパスワードをツールに設定致します

step
3
パスワード設定後の「Safeパスワード」をメールにてお送りします

約2営業日以内に納品致します!

製品版をダウンロード!

人気の投稿

1

会員制のサイトにログインするために必要なパスワード、どうやって管理していますか?エクセルやメモ帳などよりも便利で使いやすいソフトを作成しました。

2

自営業の人や個人事業主の人は、顧客管理をエクセルで行っている人も多いかと思います。 エクセルで顧客管理のメリット パソコンにエクセルが入っていれば費用ゼロで使え ...

顧客管理 3

ちょっとした顧客管理や請求書などの作成にエクセルを利用している会社は多いと思います。 特に自営業や個人事業を営んでいる人、まだ顧客数が少ない中小企業などでは、導 ...

-仕事効率化
-

Copyright© ビジツールラボ , 2020 All Rights Reserved.