ホームページ

エックスドメインの取得手順

こちらのボタンよりエックスドメインの公式サイトにアクセスします。

エックスドメインの公式サイト

step
1
取得希望のドメインを検索する

検索結果に「〇 取得可能です」と表示されている中から、希望のドメインを選びます。

「XYZ」や「site」ドメインは取得価格が安いのが特徴ですが、SEO的に不利な面が多く、検索結果に表示されにくい傾向があります。

「co.jp」ドメインは高いので、「com」もしくは「net」のいずれかがオススメです!

step
2
エックスドメインの会員登録を行う

会員情報を入力していきます。
契約種別「個人」を選んだ場合は、法人情報の入力は不要です。

「WHOIS代理公開サービス」はデフォルトでチェック済みとなっています。
これはそのまま変更しないでOKです。

WHOISとは?

ドメイン名における登録者などの情報を、インターネットの利用者なら誰でも参照することができるサービスのことです。

ネットワークの安定的な運用を実施するうえで、技術的な問題が発生した際の連絡先に関する情報などを提供しています。

「個人情報に関する公表事項に同意する」にチェックを入れて、「確認画面に進む」のボタンを押します。

登録した内容を確認します。

本人確認が表示された場合

会員登録の際にSMS認証・電話認証を求める画面が表示された場合は、認証コードを送付する電話番号を入力して、通知される認証コードを指定のフォームにご入力ください。

登録内容に間違いがなければ支払方法を選択して下さい。

利用規約と個人情報に関する公表事項に同意のチェックを入れます。
「申し込む」のボタンを押せば、ドメイン取得完了です!

希望のドメインを取得できました!

人気の投稿

1

会員制のサイトにログインするために必要なパスワード、どうやって管理していますか?エクセルやメモ帳などよりも便利で使いやすいソフトを作成しました。

2

自営業の人や個人事業主の人は、顧客管理をエクセルで行っている人も多いかと思います。 エクセルで顧客管理のメリット パソコンにエクセルが入っていれば費用ゼロで使え ...

顧客管理 3

ちょっとした顧客管理や請求書などの作成にエクセルを利用している会社は多いと思います。 特に自営業や個人事業を営んでいる人、まだ顧客数が少ない中小企業などでは、導 ...

-ホームページ

Copyright© ビジツールラボ , 2020 All Rights Reserved.